1. 圧倒的なわかりやすさ

大学共通テストに対応した授業内容

大学共通テストの試験時間は平均約80分。桃ゼミの授業は1授業80分に設定しています。
集中力維持、テスト時間に感覚を合わせる事を重点としています。
より本番を意識した授業時間にする事で本番での集中力維持を可能にします。

学校や予備校での指導経験豊富な講師陣による授業

桃ゼミの講師は学校や予備校で長年受験指導をされてきた経験豊富な先生を集めています。
その経験に基づいたわかりやすい授業(講師力)に拘り、数多くの入試問題を研究して作成されたオリジナル問題や塾教材を組み合わせた授業を行います。

とことんライブに拘った授業(映像授業ではありません)

映像・プリントではなくライブで学習する。わからない事をそのままにしない。
学習状態や知識の定着度を対面で確認しながら授業を進めます。

1クラス10名の少人数制で一人ひとりをフォロー

桃ゼミでは一講座10人程度の少人数制を取り入れています。
少人数制にすることで、講師が生徒一人一人の様子をしっかり把握して授業を進めていきます。
また、生徒には適度な緊張感をもって集中して授業に臨む姿勢を身につけさせていきます。

一斉授業と個別指導を取入れたスタイル

少人数制(10人程度)を取入れていますが、やはりお子様によって質問しにくい時があると思います。保護者の方も心配されます。
桃ゼミでは教室内に個別のブースを設置しています。
授業中・授業の最後にブースでの質疑応答や新入試にむけたアウトプット(表現力の強化)を実施しています。